ページの先頭です
メニューの終端です。

【シニアカレッジ】第46期シニアカレッジ卒業式を執り行いました!

[2022年3月11日]

【シニアカレッジ46期】卒業式

令和4年3月10日(木)、第46期シニアカレッジ卒業式を執り行いました。

第46期シニアカレッジ受講生として16名の方が卒業されました。

皆さん、ご卒業おめでとうございます!!

 

一人一人修了証書を受け取っていただきました。

 

東員町長の水谷俊郎様、シニアクラブ連合会会長 伊藤正様から祝辞をいただきました。

 

最後に、卒業生の皆さんで記念撮影をしました。

一緒に学んでいただいた皆さんですので、今後もこの繋がりをつなげていただけると幸いです。

 

卒業生の方から、

「修学旅行が中止で残念だったけど、新しい友達ができて楽しく参加できました。」

「他の地域の方との交流の輪が広がった。」

「できることならもう1回受講したいな。」との声をいただきました。

 

 

卒業生の皆さんが、シニアカレッジを通して楽しみや生きがいを発見していただき、

今後もさらに元気に活躍していただけると嬉しいです。

【シニアカレッジ46期】第12・13回講座

令和4年1月13日(木)、第12回のシニアカレッジ講座を開催しました。

午前中は「ボランティア」講座でした。

講師は、とういん市民活動支援センター 川戸センター長です。

 

初めに、「ボランティア活動の基盤は、外へ出ること、人と会うこと、語り合うこと。

また、〃ほっとけない〃と感じたことを、自分にできることで何かしようと行動すること。」とお話しいただきました。

 

コロナ禍では、オンライン講座やZoom会議などのICTツールを活用し、

不安を受け止め軽減・解消しながら活動が継続できるように工夫をされているとのことです。

登録団体が作成されたPR動画を鑑賞しました。

シニアカレッジ受講生からは「文章で見るより、活動内容がよくわかった。興味が湧いた。」

「ほかの登録団体はどんな活動をしているのかな。」との声をいただきました。

 

午後からは、「地域」講座でした。

講師は、城山3丁目平山自治会長、3丁目さくらカフェ水野代表、藤井事務局長です。

 

前半は、東員町社協の生活支援コーディネーターが「支えあい」について説明しました。

「ちょっと助けて」、「手伝って」が伝わるように、カフェ活動、生活支援活動があること、

東員町でも行われているカフェ活動や生活支援活動を紹介しました。

 

後半は、3丁目さくらカフェ 藤井事務局長より「さくらカフェの歩み」についてお話しいただきました。

「参加者が楽しく参加できるような雰囲気づくり」

「スタッフ等も自分も楽しめるような空間づくり」を意識、工夫されているそうです。

講座で用いられた資料の写真には、参加されているみなさんのキラキラした笑顔がたくさん写っており、

〃楽しさ〃が写真から伝わり、あたたかい気持ちになりました。

 

【シニアカレッジ46期】第10・11回講座

令和3年12月9日(木)、第10回のシニアカレッジ講座を開催しました。午前中は「障がい者福祉」講座でした。

講師は、社会福祉法人いずみ サポートハウスふらっとの三宅さん、山崎さんです。

 

初めに、シニアカレッジの皆さんがグループごとで、

「共生社会を実現する為に必要なこと、または実現の妨げになっているものは何か」考えました。

 

 

「障がいがある方と接する機会が少ない、頭では理解していても行動にうつせない、どのように接していいのか分からない。

また、職場で聴覚障がい者と一緒に働いたことがある、教育の中に組み入れられると良い、

ふれあう機会があれば良い。」などと様々な意見が出ていました。

 

 

障がい者の方の人口の割合クイズや、だまし絵を使い、先入観によって見え方が変わる体験をしました。

 

 

 

午後からは、「医療」講座でした。講師は、いなべ総合病院名誉院長 水野先生です。

 

ここ2年、ニュースや新聞で毎日取り上げられている

“新型コロナウイルスについて”という題でお話ししていただき、

世界、国内における感染状況やワクチン作用、診断方法について教えていただきました。

 

 

「ウイルスは生きていきにくくなると変異して攻撃してきます。

薬ができてくるまで、感染対策を怠らず、自分でじぶんのからだを守り、生き延びていきましょう!」と

お話しいただきました。

 

貴重な機会でしたので、最後に受講生が疑問点や分からないことを水野先生に質問しました。

 

【シニアカレッジ46期】第8・9回講座

令和3年11月11日(木)、第4回のシニアカレッジ講座を開催しました。

10月の修学旅行が新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から中止となり、

9月の議会傍聴から約2ヶ月ぶりの講座でした。

 

午前中は「教育」講座でした。講師は、岡野教育長です。

はじめに、「この写真は、小学生が登校時に下校当番の方に渡らせてもらった際、停止してくれたトラック運転手に、

横断後お礼の一礼をしている様子です。また、トラック運転手も小学生に一礼しています。」と紹介されました。

東員町は「人が優しくなれる町」。

〃人が優しいだけでなく、子どもたちを見て優しい気持ちになれる〃とお話しいただきました。

また、「教育と教養」というのは、

〃きょういくところ(今日行くとこと)〃 〃きょうようじがあるところ(今日用事があるところ)〃

「生涯学習は、今日行くところ、今日の用事を作ること」が大切であると教えていただきました。

 

 

 

午後からは、「体育」講座でした。講師は、とういんフレンドリークラブの大須賀先生です。

椅子に座ってできる筋トレや体操を教えていただき、テレビを見ている間など、

少しでもこの運動を続けることで筋力がついてくるそうです。

「痩せることは喜べないこと。脂肪ではなく筋肉が落ちている。筋肉貯金をしましょう!」とお話しいただきました。

間違えても一生懸命取り組まれる受講生の皆さん。

体育館中に笑い声が響く、笑顔があふれる体育講座でした。

【シニアカレッジ46期】第4・5回講座

令和3年8月5日(木)、第4回のシニアカレッジ講座を開催しました。

午前中は「議会」講座でした。講師は、東員町議会 島田正彦議長です。

議会のしくみ、まちのデータ、まちの動きについて聞きました。

9月のシニアカレッジ講座は「議会傍聴」であり、受講生のみなさんは議会をイメージしながら、真剣に聞いていました。

また、中学校移転事業や特別養護老人ホーム開設など、関心のある話をしていただき、

シニアカレッジ受講生からは「気になっていたんだよね!」と目を輝かせる姿や、「うんうん」と頷かれる姿がありました。

貴重な機会でしたので、最後に受講生が疑問点や分からないことを島田議長に質問しました。

 

午後からは、「高齢者福祉」講座でした。

前半は東員町健康長寿課 中川課長からお話しいただきました。

初めに、東員町の高齢者を取り巻く状況と取り組みについて教えていただきました。

東員町は健康寿命が長く、また、介護認定率の低さが県内25保険者のうち1位ということでした。

また、今後も「住み慣れた地域で支えあい健康で安心して暮らせるまちとういん」であるために、

お互いが配慮し存在を認め合い、そして時に支え合う関係を築いていくことが大切と教えていただきました。

 

後半は、地域包括支援センター 早川センター長、牧野社会福祉士から、地域包括支援センターの紹介、

認知症サポーター養成講座をしました。

認知症サポーター養成講座では、認知症の基礎知識、認知症サポーターが地域でなにをできるか紹介しました。

シニアカレッジ受講生からは「認知症の人や家族に見守り、ちょっとした声かけをしていきたい」

「東員町おでかけあんしんネットワーク事業を初めて知った」との声をいただきました。

【シニアカレッジ46期】第2・3回講義

令和3年7月9日(木)、第2回のシニアカレッジ講義を開催しました。

午前中は『文化・歴史』の講義で、猪名部神社宮司 石垣光麿さまからお話していただきました。

初めに、「猪名部」が「員弁」へと変化した歴史を、養老元年の地図を用いて教えていただきました。

さらに、春澄善縄や石垣隈太郎、松本幸四郎などの員弁の偉人についてもお話いただき、

受講生の皆さんは「いままで全く知らなかったから知れてよかった。」「こんな人たちがいたんやね」と

嬉しそうに感想を言い合っていました。

午後からの『政治』の講義では、水谷俊郎町長よりお話いただきました。

東員町の現状と今後の課題、新品種の大豆「ななほまれ」開発や

おからの出ない製造技術を使った新製品について教えていただきました。

また、フレイル予防の為に何をすべきかお話いただき、その場で出来る簡単なフレイルチェックも行いました。

貴重な機会でしたので、最後に受講生の皆さんの疑問点を水谷町長に質問し、積極的な意見交換が行えました。

【シニアカレッジ46期】入学式・第1回講義

令和3年6月21日(月)に令和3年度 第46期シニアカレッジ入学式が開催されました。

今年度は、16名の方が入学されました。

初めに、社会福祉協議会会長が挨拶しました。

次に、東員町長、シニアクラブ連合会会長から祝辞をいただきました。

入学式終了後、受講生が順番に自己紹介しました。

氏名、地区名、シニアカレッジに参加した理由などを一人ずつ話しました。

これから10ヶ月間、様々な講義で学んでいただき、

今後の活動にも参加していただきたいです。

 

その後「オリエンテーション」として、社協職員からシニアカレッジの趣旨や、

皆様にご協力いただいている共同募金会がどのような事業で使われているのかなどを説明させていただきました。

お問い合わせ

社会福祉法人東員町社会福祉協議会事務局総務福祉係地域福祉担当

電話: 0594-76-1560 ファックス: 0594-76-1559

E-mail: fukushi@toinshakyo.or.jp


【シニアカレッジ】第46期シニアカレッジ卒業式を執り行いました!への別ルート