ページの先頭です
メニューの終端です。

【支えあい】民協2月定例会で支えあい活動について説明しました!!

[2020年2月20日]

【支えあい】民協2月定例会で支えあい活動について説明しました!!

 令和2年2月18日(火)東員町ふれあいセンター会議室1で、東員町民生委員児童委員協議会 2月定例会が開催され、そこで、支えあい活動について説明しました。

 

 東員町では、カフェ活動等の支えあい活動が活発に行われていますが、それが、なぜ地域福祉活動になるのかを、パワーポイントを使い、総務福祉係 伊藤真理 係長 が分かりやすく説明しました。

(カフェの3つの”ない”を推奨しています)

 社協では支えあい活動のカフェ活動として、3つの”ない”を推奨しています。

 (1) 来る時間、帰る時間が決まっていない いつでも来ていつでも帰れる

 (2) することが決まっていない 特別なプログラムがないので、だれでも気兼ねなく立ち寄れます。

 (3) 特定の会員を対象にしない 地域のだれもが利用できます。

そして、東員町の多くのカフェ活動の状況の説明をし、そこから地域が得られることとして

 1 たくさんの支えあいが生まれます 自然発生の支えあい・助けあいが期待できます

 2 誰もが活躍できる場になります コーヒーを入れる、お菓子を配るなど 誰もが何かで活躍できます。

との説明を、民生委員さんは熱心に聞いていました。

(熱心に聞き入っている民生委員さん)

 全体を通じて、顔見知りになって、誰もが”助けて””私でできることであれば”との関係を作るためには、カフェ活動が有効であり、そのような状態であれば、介護が必要な状態になっても在宅で生活することができることが理解いただけたと思います。

このような機会を通じて、地域福祉活動を更に普及できたらと思いました。

お問い合わせ

社会福祉法人東員町社会福祉協議会事務局総務福祉係地域福祉担当

電話: 0594-76-1560 ファックス: 0594-76-1559

E-mail: fukushi@toinshakyo.or.jp


【支えあい】民協2月定例会で支えあい活動について説明しました!!への別ルート