ページの先頭です
メニューの終端です。

【支えあい】 災害に強い八幡新田をめざして ~八幡新田地区・八幡新田自主防災実践訓練~

[2019年10月16日]

令和元年10月13日(日)、八幡新田地区で八幡新田自主防災実践訓練が行われました。

今回の訓練は、震度6強の地震発生を想定し、「日頃の準備が対応の基礎に」災害を受けても、いち早く立ち上がり、

災害に強い八幡新田をめざして、自助・共助の方法を考え、それを互いに養うことが防災目標です。

5つの班に分かれて訓練開始。

倉庫の備品確認や消火栓の確認など各班で行います。

情報班は各班に分かれ、黄色い布が出ているかどうか確認し、本部へ伝達します。

コミュニティセンター内では炊き出し訓練も。

情報班は各班に分かれ、黄色い布が出ているかどうか自転車で確認にまわり、名簿でチェックします。 

黄色い布には「〇-◇」と文字が記載されています。

「〇」には避難場所が書かれており、「B」は「防災広場」、「O」は「大阪屋駐車場」、「N」は「仲良し公園」を

示しており、自治会で割り振りされたそうです。

「◇」には「ナンバー」が書かれており、名簿のナンバーと照らし合わせ、チェックできるようになっています。

黄色い布は見えるところに出してもらっており、一目見るだけで誰がどこに避難しているのかすぐ分かります。

昔は布を出すだけだったそうですが、役員などが交代しても誰だかすぐ分かるよう工夫されたそうです。

黄色い布が出ていないお宅には、情報班と救出救護班、給食給水班が一緒にお宅へ伺い、

布を出すのを忘れていた、布が無いなど、なぜ布を出していなかったのか確認します。

確認後は本部へ伝達します。

今回の訓練を通して、八幡新田地区で “災害に強いまちづくり” が進んでいます。

おじゃまさせていただきありがとうございました。

 

お問い合わせ

社会福祉法人東員町社会福祉協議会事務局総務福祉係地域福祉担当

電話: 0594-76-1560 ファックス: 0594-76-1559

E-mail: fukushi@toinshakyo.or.jp