ページの先頭です
メニューの終端です。

【支えあい】桜の枝がお花の桃色に ~六把野新田・お花の飾りと石取祭~

[2019年8月7日]

7月に“ろくちゃんカフェ”が中心になって手作りされた2000本以上のお花。この、石取祭の山車を飾る“お花”に関する続報です。

 

令和元年8月4日(日)、これらのお花を、なかよし会(子ども会)の子ども達が桜の枝につけました。

子ども達がお花をつけた桜の枝は、7月に大人が桜の枝を取って乾燥させ、葉を取り除いて準備したものです。

子ども達はていねいにお花を手に取り桜の枝につけました。2000本以上のお花で、桜の枝が桃色になりました。

自治会長さんと一緒に。

子ども達がつけたお花で桜の枝が桃色に。

枝につけられたお花は、8月15日(木)、石取祭当日、山車に飾ります。

 

この日は、その石取祭の山車を叩く青年団のみなさんが勢いよく練習していました。お花の飾り付けを終えた小学4年生の男の子は、その青年団のみなさんの様子をそっと見ていました。

地域のみんなが集う“ろくちゃんカフェ”を中心に年配者達が作ったお花。

そのお花を飾り付ける小学生達。

山車の細部の調整をする年配の男性達。

そうして飾られ調整された山車の太鼓と鐘を勢いよく叩く若者達。

 

伝統の石取祭を地域のみなさんで継承する活動を通して、それぞれの立場の人が大切にされる支えあいの町づくりが進みます。

お問い合わせ

社会福祉法人東員町社会福祉協議会事務局総務福祉係地域福祉担当

電話: 0594-76-1560 ファックス: 0594-76-1559

E-mail: fukushi@toinshakyo.or.jp


【支えあい】桜の枝がお花の桃色に ~六把野新田・お花の飾りと石取祭~への別ルート